Webデザイン・スタンダード 伝わるビジュアルづくりとクリエイティブの最新技法

投稿日: 2019年7月1日

「Webデザイン」という言葉が指す仕事の領域は、かつてないほど広がっています。従来はパソコンで見るWebサイトのビジュアルを、画像ベースで制作すれば事足りました。しかし近年は、スマートフォンの小さい画面で、「外出先」や「通勤電車の中」といった様々な使用場面が存在することを想定しながらデザインを考える必要があります。そこでは、画像では表現しきれない細かなUIとインタラクションの設計も重要になりますし、ユーザー心理を把握するUXデザインの視点も理解しておかなくてはなりません。

本書ではこのような状況を踏まえ、初学者に捉えづらい“いまのWebデザインの全体像”を一冊の書籍としてまとめました。

レイアウトや配色といったデザインの基本から、UXデザインへの取り組み方、Webサイトを構成するUIやグラフィックの役割とポイント、モーションデザインの実際まで、現場の第一線で活躍する著者の知見とノウハウを解説しています。トーン&マナーやサイトの目的に合わせたデザインのバリエーションも実例をベースに紹介しているので、実制作時のヒントにもなるはずです。

これからWebデザインを学ぶ方、自分の領域を広げてステップアップしたい方にお勧めの一冊です。

書籍名Webデザイン・スタンダード 伝わるビジュアルづくりとクリエイティブの最新技法
出版社MdN
著者境 祐司, 小浜 愛香, 森本 友理, 野田 一輝, 北村 篤志, 有吉 学
価格2200円

同じカテの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です